広テレ!HOME

ハッケンふくやま 放送時間:毎週土曜日 朝9時25分~ 福山市の「今昔」「四季」「人」「施策」などを独自の目線で「魅力!発見!」をキーワードに伝えます! 出演:糸永直美(広島テレビアナウンサー)

9月21日放送 第124回 動物愛護週間

9月20日から26日までは動物愛護週間。福山市でもノラ犬やノラ猫を減らすための啓発を行っている。福山市動物愛護センターには年間約800頭の犬や猫が保護される。そのうち新しい飼い主が見つかり譲渡されるのは約半数の400頭。譲渡されない犬や猫はNPOに引き取られたり殺処分されている。その現状とノラ犬・ノラ猫を増やさないため市民が注意する点を聞いた。

●糸永アナウンサーコメント

一昨年、広島市で起きた豪雨災害やネパールでの地震で活躍した災害救助犬「夢之丞」は、広島県内で殺処分されようとしていた命です。
人間に捨てられ命を落とす運命から、人に助けられその犬が人の命を救うために今、活動しています。
動物愛護センターには毎日ひっきりなしに動物たちが持ち込まれます。
取材に行った日には、まだ目の見えないへその緒がついた子猫ちゃんが運び込まれ、ボランティアの方が3時間おきにミルクを飲ませるため一時的に引き取って行かれました。
愛護センターの動物たちが名前で呼ばれることはありません。
大切に最後まで一緒に過ごす覚悟が飼い主には必要です。
運ばれてくる動物がいなくなるように、そして犬の飼い方などの講習もしている動物愛護センターのHPをぜひ一度ご覧ください。

福山市公式ホームページへ ご意見・ご感想募集中! 糸永直美の海道を行く♪