広テレ!

番組情報

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

2018年10月8日(月・祝)〜12月16日(日) ※会期中無休 広島県立美術館
開館時間:9:00〜17:00 ※金曜日は19:00まで ※入場は閉館30分前まで ※初日10月8日は10:00開場

ブリューゲル展とは?

ピーテル・ブリューゲル1世は、聖書の世界や農民の生活などを描いて活躍した16世紀フランドルを代表する画家です。彼に始まり、以後およそ150年続いたブリューゲル一族の画業を、同時代のフランドル絵画を交えつつ、大半が日本初公開となる貴重なプライベート・コレクションにより紹介します。

出品作品

出品作品はこちら(広島県立美術館)

チケット

  当日 前売・団体
一般 1,500円 1,300円
高・大学生 1,000円 800円
小・中学生 600円 400円

※前売券は10月7日まで。
※広島県立美術館、セブンチケット、ローソンチケット(Lコード:62239)、チケットぴあ(Pコード:769-176)、イープラス、広島市・呉市内の主なプレイガイド、画廊・画材店、ゆめタウン広島などで販売

主催

広島県立美術館、広島テレビ、イズミテクノ

お問い合わせ

広島県立美術館:082-221-6246

写真
写真 ヤン・ブリューゲル1世、ヤン・ブリューゲル2世
《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》
1615-1620年頃 Private Collection
写真 ピーテル・ブリューゲル2世
《野外での婚礼の踊り》
1610年頃 Private Collection