広テレ!

番組情報

写真

内容

レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画「アンギアーリの戦い」制作計画は、今も多くの謎と痕跡を残しています。同壁画はイタリア・ルネサンス美術の歴史の中でも、最も野心的な装飾計画のひとつです。フィレンツェのシニョーリア宮殿(現ヴェッキオ宮殿)を舞台にレオナルドとミケランジェロが戦闘画において競演したエピソードは大変有名ですが、その計画の全貌はいまだ明らかにされていません。
本展のメイン作品は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす「軍旗争奪」の戦闘場面を描いた、日本初公開の《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》として知られる著名な16世紀の油彩画です。本展ではさらにミケランジェロが構想した壁画の原寸大下絵を模写した、同じく日本初公開の16世紀の板絵《カッシナの戦い》が出品されます。原作が失われた二大巨匠の壁画が、いずれも本邦初公開の貴重な16世紀の板絵作品により500年の時を超えてならびあう、イタリア美術史上初の展示が日本で実現します。
レオナルドの構図に基づくその他の模写作品や派生作品、関連する資料類、関係した歴史的人物の肖像画など「アンギアーリの戦い」に関する作品・資料が一堂に集結する世界でも初めての企画展。レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。

会場

広島県立美術館 3階企画展示室(広島市中区上幟町2-22)

日程

平成29年9月5日(火)〜10月22日(日)[会期中無休 48日間]
開館時間:9:00〜17:00(入場は閉館30分前まで)
※金曜日は20:00まで開館。
※9月5日は10:00開場。

チケット価格

一般:1,300(1,100)円
高・大学生:900(700)円
小・中学生:600(400)円

※( )内:前売・20名以上の団体料金。
※学生券をお求めの際は、学生証のご提示をお願い致します。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)は、手帳の提示で当日料金が半額になります。
※縮景園共通券 一般:1,400円、高大学生:1,000円、小・中学生:700円

前売券販売所

広島県立美術館、セブンチケット、ローソンチケット【Lコード:61737】、
チケットぴあ【Pコード:768-444】、イープラス、広島市・呉市内の主なプレイガイド・画廊・画材店、中国新聞社読者広報部、中国新聞各販売所(取り寄せ)など

主催

広島県立美術館、広島テレビ、イズミテクノ、中国新聞社

特別協力

イタリア文化財・文化活動・観光省美術館総局、ウフィツィ美術館

特別後援

イタリア共和国大統領

後援

外務省、文化庁、イタリア文化財・文化活動・観光省、イタリア大使館、イタリア文化会館、フィレンツェ市、中国放送、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHz、FM東広島89.7、ちゅピCOMひろしま、ちゅピCOMふれあい、ちゅピCOMおのみち

協賛

広島県信用組合

協力

NHKエデュケーショナル、アリタリア-イタリア航空、日本航空、アルテリア、ヤマトロジスティクス

企画協力

東京富士美術館

お問い合わせ

広島県立美術館:082-221-6246

写真 作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)《タヴォラ・ドーリア》(《アンギアーリの戦い》の軍旗争奪場面)フィレンツェ、ウフィツィ美術館(東京富士美術館より寄贈)Ex S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della città di Firenze-Gabinetto Fotografico
写真 アリストーティレ・ダ・サンガッロ(本名 バスティアーノ・ダ・サンガッロ)《カッシナの戦い(ミケランジェロの下絵による模写)》ホウカム・ホール、レスター伯爵コレクション © Collection of the Earl of Leicester,Holkham Hall,Norfolk By kind permission of Lord Leicester and the Trustees of Holkham Estate