広テレ!

番組情報

写真

若き名匠ロウヴァリ率いる北欧屈指のオーケストラ 待望の初来日

概要

フィンランド独立100周年を記念して、2015年に創立85周年を迎えたタンペレ・フィル・ハーモニー管弦楽団を招聘。
同時に、トーべ・ヤンソンの描いたムーミンの原画や作曲家シベリウスに関するパネルの展示など”1日限りの展覧会”を開催します。
フィンランドの音楽と歴史をお楽しみ下さい。

開催日

2017年5月20日(土) 14:15開場/15:00開演

会場

ふくやま芸術文化ホ-ル リ-デンロ-ズ大ホ-ル(福山市松浜町2-1-10)

出演

指揮:サントゥ=マティアス・ロウヴァリ
ピアノ:田部京子
管弦楽:フィンランド・タンペレ・フィルハ-モニ-管弦楽団

曲目

シベリウス:フィンランディアop.26
グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調op.16
シベリウス:交響曲第2番ニ長調op.43

チケット(指定席・各税込)

S席:一般12,000円/学生7,000円
A席:一般10,000円/学生7,000円
B席:6,000円(一般料金のみ)

※未就学児のご入場はお断りいたします。
※「チケットぴあ」はWEBからの購入のみ座席指定可能です。

販売プレイガイド

一般発売:2017年1月21日(土)
先行販売:2017年1月14日(土)~20日(金) ※リーデンローズ会員、イープラス

リ-デンロ-ズチケットセンター
・TEL:084-928-1810
ローソンチケット【Lコード:61588】
・TEL:0570-084-006
チケットぴあ【Pコード:318-060】
・TEL:0570-02-9999
イープラス
http://eplus.jp
天満屋福山店プレイガイド
スガナミ楽器本店
久松レコード
フジグラン神辺
TSUTAYA(新涯店・伊勢丘店・松永店・府中高木店)

ムーミンギャラリー

今年6月にリニューアルオープンするタンペレのムーミン美術館の提供により、トーベ・ヤンソンの描いた世界的キャラクター「ムーミン」の原画と複製画がホワイエに並びます。

写真
写真

※当日会場に展示される作品は上記と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

シベリウス展

2015年に生誕150周年を迎えたフィンランドの英雄ジャン・シベリウス。現地で行われたシベリウス展で使用したパネル等を日本版にして展示します。

サントゥ=マティアス・ロウヴァリ

写真
“つい先頃、伝統あるフィンランドの優れた指揮を、大きな関心をもって聴いた”
としてガーディアン紙に迎えられた、サントゥ=マティアス・ロウヴァリは、タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、コペンハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者である。そして、2017年/18年からイェーテボリ交響楽団の首席指揮者に就任することが決まっている。
ロウヴァリはシベリウス音楽院で指揮を学び、レイフ・セーゲルスタムのほか、ヨルマ・パヌラ、ハンヌ・リントゥらにも師事した。すでにフィルハーモニア管弦楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団などを定期的に指揮しており、2016年/17年は、BBC交響楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、バンベルク交響楽団を指揮する。またイェーテボリ交響楽団の首席指揮者として、今シーズンに2つのプログラムを指揮することになっており、マルク=アンドレ(マルカンドレ)・アムラン(ピアノ)と、トルルス・モルク(チェロ)とのプログラムとの共演に加え、バルトーク「管弦楽のための協奏曲」、ヤナーチェク「タラス・ブーリバ」を指揮する。10月には、ローザンヌ室内管弦楽団のヨーロッパツアーで同楽団にデビュー、また2017年5月、すでに東京交響楽団と2度の共演で成功を収めている日本で、タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団と共にツアーを行う。北米では、すでにシンシナティ交響楽団とミネソタ管弦楽団にデビュー、ロサンジェルス・フィルハーモニックと共演するため、再びアメリカで指揮をする予定だ。
最新のCDは、ティモ・コルホーネン(ギター)/オウル交響楽団とキンモ・ハコラと細川俊夫のギター協奏曲(オンディーヌ・レーベル)を、またバイバ・スクリデ(ヴァイオリン)/タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団とニールセンとシベリウスのヴァイオリン協奏曲(オルフェオ・レーベル)を2015年にリリースしている。
オペラでは、これまでにビゼー「カルメン」、モーツァルト「魔笛」をウェスト・コースト・コッコラ・オペラで、またヴェルディ「運命の力」をタンペレ・オペラで指揮している。

 

田部京子

写真

東京芸術大学附属高校在学中、日本音楽コンクールに最年少で優勝。ベルリンで学びミュンヘン国際音楽コンクール(ARD)など受賞多数。バイエルン放送響、バンベルグ響、モスクワ・フィルとの共演ほか、世界のトップアーティストから共演者に指名され厚い信頼を寄せられている。CDは30枚以上リリース、国内外で特選盤に選出。これまでに『シューベルト・チクルス』、『シューマン・ブラス』、『BBワークス<ベートーヴェン&ブラームス>』のリサイタルシリーズが大成功を収めており、2016年秋からは新リサイタルシリーズ『シューベルト・プラス』がスタート、好評を得ている。上野学園大学教授、桐朋学園大学特任教授。
オフィシャルHP/http://www.kyoko-tabe.com



タンペレ・フィルハ-モニ-管弦楽団

写真

タンペレ・フィルハ-モニ-管弦楽団(フィンランド語:Tampere Filharmonia)は、97名の音楽家を擁するスカンジナヴィアの主要なオーケストラのひとつ。2015年にはその創立85周年を祝った。
2013年8月には、前任者のハンヌ・リントゥからフィンランド人指揮者のサントゥ=マティアス・ロゥヴァリが芸術監督に就任。リントゥの前任者は首席指揮者のヨーン・ストルゴーズで、さらに前任はエストニア人の桂冠指揮者エリ・クラスであり、ヨウニ・カイパイネンが専属作曲家として務めていた。
1990年には、優れたコンサート・ホールであり、また会議場でもあるタンペレ・ホールの完成とともに、オーケストラが文字通り“すばらしい新世界”へと移行した。コンサート・ホールが併設されたこの巧みに改築された施設は、客席数1,800を持ち、今後のオーケストラさらなる芸術的飛躍を予見させるものである。
冬季には、毎週金曜日にオーケストラの演奏会が、また日曜日の午後には「牧神の午後」と銘打った室内楽のシリーズが開催されている。またオペラやバレエのオーケストラとしても活動し、タンペレ・ビエンナーレ現代音楽祭へも定期的に出演している。
タンペレ・フィルハ-モニ-管弦楽団では、その特色を生かした子供や若者に向けた教育プログラムを多数企画している。このような試みをフィンランドで開催したのは、このオーケストラが初めてである。
オーケストラには近年、ハンヌ・リントゥ、エリ・クラス、ヨーン・ストルゴーズ、トーマス・オリラやレイフ・セーゲルスタムなどの指揮者による録音がオンディーヌ・レーベルからリリースされ、50種もの録音が国内外で販売されている。最近の録音は、ジョルジェ・エネスク、マックス・レーガー、ユッカ・ティエンスー、ヨウニ・カイパイネン、エイナル・エングルンド、ペトリス・ヴァスクス、ジョン・コリリアーノ、アルマ・マーラー、レオ・ブローウェル、ロベルト・シューマンとジャン・シベリウスの作品を収録したものがある。
その多くの録音が、カンヌ・クラシカル・スペシャル・アワードより2004年のディスクとしてリストに挙がっており、そのほか5つの賞に輝くなど、素晴らしい評価を受けている。2007年春にリリースしたユッカ・ティエンスー作品の録音は、IFPIフィンランドのエマ・アワードにノミネートされた。
1930年に創立され、1947年からタンペレ市によって運営されているこのオーケストラは、エーロ・コソネンが率いた37年の間にプロのオーケストラとしての評価を獲得しその地位を確固なものとした。オーケストラは、これまでにイギリス、オランダ、スカンジナビア、エストニア、ドイツ、スペイン、アメリカなど世界中で公演を行っている。

主催

広島テレビ

共催

公益財団法人 ふくやま芸術文化振興財団

後援

(一社)日本フィンランド協会、日本シベリウス協会、フィンランド大使館

お問い合わせ

リーデンローズチケットセンター
  TEL:084-928-1810