広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第557回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
平成29年5月18日(木)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
鶴 衛 委員長 以下8人
社側出席
三山 秀昭 社長 以下8人

議事概要

  1. 2017年5月5日(金)19:00~19:56放送の「よくばりアリス」を審議しました。

▽ 制作担当者から、「『よくばりアリス』はゴールデンタイムに、自社制作レギュラー番組として月2回金曜日に放送し、夕飯時に家族揃ってほのぼの見ることができる情報番組を目指している。タレント いとうあさこを起用して、彼女の持つバラエティ要素を大切にしながら、週末に向けて視聴者が追体験できる情報をお届けしたい。今回は福山市沼隈町の新しい魅力を様々な角度から紹介するとともに、旬なゲストの出演コーナーでは、タレント 森口博子が好きだという“和食”をテーマに、広島の食文化のレベルの高さを伝え、全体として、番組タイトルにある“よくばり”感が出るよう演出した。」との説明がありました。

▽ 委員からは、「ありきたりの観光地ではなく、沼隈町の紹介なのが新鮮。あさこさんの人柄の良さや、地元の人とのほんわかした交流の様子が見て取れた。」「森口さんとリポーター中島さん、お二人の息の合ったトークが楽しかった。」「紹介する内容を、クイズ形式にしてフィリップをうまく使って導入するなど、ワクワク感を演出する工夫があった。」「料理も風景も映像がきれいで、内容的にも広島の良さを県内外にアピールできる番組になっていた。」などの評価がありました。
また、「盛りだくさんの内容が少しずつ消化不良ぎみなので、歴史や背景などの説明も少し欲しかった。また国内に一台しかない水陸両用機がなぜ広島にあるのか気になったし、古民家レストランでは料理とお酒だけでなく、リノベーションされた空間にも興味があった。」「3つの飲食店を回って和食のフルコースを組み立てるというのは、落ち着かない印象があったし、各店での食べ残しも気になった。」「沼隈町の紹介を2つに分割して、和食グルメを挿入する番組構成は、少し無理があったのでは?」「導入に使われた3つのキーワードを点に見立てるなら、それらの場所を地図上に表わして線にし、町全体を紹介する演出が欲しかった。」などの意見がありました。