広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第546回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
平成28年4月20日(水)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
鶴 衛 委員長 以下6人
社側出席
三山 秀昭 社長 以下6人

議事概要

  1. 「放送番組の種別」等の公表について
    放送法の規定に従い、広島テレビにおける平成27年10月~平成28年3月までの放送番組の種別とその放送時間等が報告されました。この集計結果は、広島テレビのホームページに掲載されています。
  2. 平成28年4月8日(金)「テレビ派(15:48~16:53)」を審議しました。
    ▽ 制作担当者から、「リニューアルしたテレビ派の金曜日では、ローカル部分を以前より約1時間拡大した。森・馬場 両キャスターが取材先に出向き、そこで実際に感じたことを伝える新コーナーを設けた。“キラキラ広島人”では馬場キャスターが、県内の魅力的な人物を紹介し、“カープ熱血魂”では森キャスターが、カープ女子などのサイドネタを中心に紹介。またリポーターの中島尚樹がゲストの替わりに買い物をする“目指せ!ぴったんこプライス”では、スタジオ・パルコ前・スーパーマーケットの3か所から同時中継するという、テレビ派初の試みに挑戦している。買い物金額を予想することで、視聴者にも番組に参加していただき、週末に向けてのお買い得情報を伝えするとともに、棚に並ぶ野菜から季節感も届けていく。」との説明がありました。
    ▽ 委員からは、「内容・出演者など全体として明るく楽しく、テンポの良い番組になっている。」「“キラキラ広島人”は人選が良く、その人柄が良く伝わる内容に仕上がっていた。」「字幕の書体や色彩が内容に良くマッチしていた。」「“目指せ!ぴったんこプライス”は視聴者も参加でき、ゲーム感覚で楽しめた」などの評価がありました。
    また、「“キラキラ広島人”では、水引についての伝統的な意味合いの紹介が欲しかった。」「“目指せ!ぴったんこプライス”のルールが複雑なので、その説明に時間がかかり過ぎた。」「買い物金額の上限を最初から決めておいたらどうか。」「買い物時間が5分では、短くせわしない。」などの意見がありました。