広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第532回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
平成26年11月19日(水)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
鶴 衛 委員長 以下9人
社側出席
三山 秀昭 社長 以下6人

議事概要

  1. 平成26年10月25日(日)6時30分から放送の「テレビ派増刊号」を審議しました。
    ▽ 制作担当者から、「平日の午前放送の『テレビ派ランチ』と夕方放送の『テレビ派』に加えて、日曜日の朝にもテレビ派ブランドの番組を放送することで、幅広い層の視聴者に知っていただくことを目的に10月からスタートした。」「それぞれの番組から、麺類にこだわった名店や、ランチなどのグルメ情報と県内各地への日帰り旅とランチをテーマにした人気のコーナーを選んで、30分にまとめた。」「地域の情報を海外にも発信して、外国人観光客を呼び込もうという取り組みも視野に入れた番組である。」との説明がありました。
    ▽ 委員からは、「身近な観光スポットとお得感のあるランチ情報が紹介されていた。地産地消にこだわったメニュー紹介がよかった。」「各コーナーがテンポよく、すっきりとまとめられていた。料理もおいしそうに撮影されていた。」「女性アナウンサーが得意なジャンルを生き生きと紹介していた。また、料理の感想も的確に伝わってきた。」「一度視た内容をもう一度楽しめるし、本放送を見逃した視聴者も楽しめる。」などの評価がありました。
    一方で、「過去の放送のダイジェスト版であったため、季節感が合わないところでは違和感を覚えた。 放送日のお断り字幕や、店名やそのほかの情報について細かく字幕で説明することが必要。」「海外に向けて発信するなら、広島の歴史や伝統、文化がわかるような店も紹介してみたらよい。タイトルの工夫も一考が必要である。」「さらに認知度を上げるためにFacebookなどのツールを利用して事前情報から発信してみてはどうか。」などの意見がありました。