広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第527回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
平成26年5月21日(水)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
鶴 衛 委員長 以下8人
社側出席
三山 秀昭 社長 以下6人

議事概要

  1. 5月2日(金)放送の「鯉のから騒ぎ~深夜のカープ女子会~」を審議しました。
    ▽ 制作担当者から、「最近話題になっている『カープ女子』を題材にしたカープ応援番組を企画した。SNSとの連動を図るため深夜の生放送形式を選択した。」「出演者の選定に留意し、それぞれにキャラクター付けをしていく工夫を行ったことで、番組開始直後から明るい雰囲気で進行することができた。」との説明がありました。
    ▽ 委員からは、「番組タイトルもユニークで、明るくて楽しい番組だった。」「番組の中で様々なことにトライアルされていることが感じられた。また、MCやカープ女子の選定が良く、番組が明るい雰囲気になっていた。」「生放送なのに進行がスムーズでテンポも良く、準備された映像や紹介コメントがスタジオトークとうまくかみ合っていた。」「ツウィッターやフェイスブックなどのツールも効果的に用いられ、視ている人たちとの一体感が作り出せていた。」のなどの評価がありました。
    一方で、「地元ファンが多いと思うのでクイズの要素がもっと多くあると番組への参加感が高まると思う。」「選ばれたカープ女子のメンバーがすでにアイドル化されているような方たちが多かった。苦労して応援している普通のカープ女子や、カープが弱い時代を支えてきたファンの人たちにもスポットをあててほしい。」「カープ女子以外にも町の人たちの声などを取材することでさらに幅を広げることができたのではないか。」「番組終盤の中継は、カープ女子の内容と関連性が感じられず必要性を感じなかった。」などの意見や要望がありました。