広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第519回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
平成25年7月17日(水)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
鶴 衛 委員長 以下8人
社側出席
福島 真平 会長 以下7人

議事概要

  1. 平成25年7月13日(土)10:55~放送の「汗と涙と歓喜のゴール!宮島発トライアスロン」を審議しました。
    ▽ 制作担当者から、「今年の大会では、男女ともに大会新記録が出るなどレベルアップした大会となった。番組では、さらなる限界に挑戦するアスリートたちの姿を追いかけた。」「単なる大会の記録だけでなく、大会が縁で結婚した参加者カップルの話題など選手や家族、大会を支えたボランティアも取材し、レースをより身近に感じてもらうよう工夫した。」との説明がありました。
    ▽ 委員からは、「宮島の大鳥居での迫力あるスタートシーンや、廿日市の山間の美しい緑などもきれいに映し出されていた。」「選手を応援するボランティアや自衛隊、地域住民の姿が自然体で表現され、この大会が地元に根付いていることを感じた。」「30分の短い枠の中に多くの情報を取り入れながら、レース展開もうまくまとめてあるバランスの良い構成であった。」「選手へのインタビューが巧みで、レースの厳しさや緊張感が伝わる一方で、楽しそうに参加されている感じもよく伝わってきた。」「大会に参加することだけでなく、ボランティア活動などへの興味もわく内容であり、放送時間帯も大人から子どもまで幅広い層で見ることができる時間帯だった。」との評価がありました。
    一方で、「家族やチームメートと一緒にゴールするシーンが印象的だったが、その人たちの途中経過を取材してあったらさらによかったのではないか。」「オリンピック出場選手などの有力な選手の情報以外に、初参加の選手の紹介や、どれぐらいの経験や記録が必要なのなどの情報もあれば次に参加しようとする方達の参考になったのではないか。」などの意見がありました。