広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第502回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
2011年11月9日(水)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
鶴 衛 委員長 以下8人
社側出席
三山 秀昭 社長 以下6人

議事概要

  1. 2011年11月12日(土)放送の「中四国レインボーネット 中四国発!日本お初物語」を審議しました。
    ▽ 制作担当者から、「1998年秋にスタートしたこの番組は今回で50回目を向かえた。これまでの観光・グルメ情報から少し視点を変えたテーマに取り組んだり、ゲストのタレントをMCとして固定化し認知度を高めていくことなどリニューアルを図った。」「長年、取材をする過程で、広島発祥で日本初のものに触れる機会があった。初めてということだけでなく、今でも地元の人々に愛されて続けている状況を紹介した。当時の関係者のバイタリティーを伝え、今の日本を元気付けたいと企画した。」との説明がありました。
    ▽ 委員からは、「ジャンルの違う話題を“日本初”というキーワードでうまく結び付けて構成してあり違和感なく見ることができた。」「“日本初”というテーマを過去の歴史だけでなく今につなげていることがよかった。」「固くなりがちなテーマを軽妙に表現してあり、楽しく見ることができた。」「徳島のドイツ人捕虜の話題は最も印象に残った。人間愛を感じることができ、平和都市広島にもつながる話題だった。」「それぞれの話題ごとに再現映像やCG処理など表現方法が工夫してあり最後まで飽きずに見ることができた。」などの評価がありました。
    一方で、「メインキャスターの選定は適切だったが、その他の出演者は必然性が感じられなかった。地域にゆかりがあるとか、そのテーマに詳しい人を選んだほうがよかった。」「文化的な話題が多かった中、企業色が出ていたものがあり、少し違和感があった。」「ジャンルの違う話題や各県をつなげるための工夫がもう少し欲しかった。」などの意見がありました。
    ※なお、会議日程が放送日前だったため、審議委員はビデオによる視聴を行っていただきました。