広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第489回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
2010年7月14日(水)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
鶴 衛副 委員長 以下9人
社側出席
福島 真平 社長 以下6人

議事概要

  1. 2010年7月10日(土) 16:30~17:00放送の「鉄人アスリート達のメッセージ ~はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会2010~」を審議しました。
    ▽ 制作担当者から、「世界遺産がある広島県廿日市市で始まったこの大会を地元の放送局としてさらに盛り上げていきたいという思いで番組を企画した。」「レースの結果だけにこだわらず、出場した選手たちの家族への思いなど、それぞれの人間模様をなるべく多く取り上げていくことに重点を置いた。」との説明がありました。
    ▽ 委員からは、「大会に参加した選手たちの様々な人間模様が描かれ、トライアスロンに対する過酷でストイックなイメージとはちがった見方が出来た。」 「プロのアスリートをはじめ、障害者や夫婦などそれぞれがもつ目標や思いがメッセージとしてよく描かれている。」「大会を支えるスタッフや地元ボランティア、沿道の応援など楽しそうな表情も取材されていて心温まる思いで見ることができた。」「登場人物が多かったが30分の中にうまく配置されていた。全体を通してスピード感がある構成でよかった。」などの評価がありました。
    一方で、「番組タイトル中の“鉄人アスリート“の文字から感じられるイメージとは違った内容だった。本格的なアスリート達の意見が聞きたかった。」「番組前半で特に詳しく扱われた登場人物が、最後のところでフォローが十分できていなかった。」「なぜ過酷なレースに出場するのか選手たちの動機や背景が知りたかった。」「選手や関係者、施設紹介など総花的に紹介されており、一般に向けてというより関係者を意識した作りに感じられた。」などの意見がありました。
【その他の意見】
  • 冒頭から空撮や躍動感のある音楽が使用され迫力が感じられた。
  • もう少し選手の内面的な部分まで取材しようと思ったら30分という枠は短いのではないか。