広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第484回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
2010年2月10日(水)
場所
広島テレビ12階役員会議室
出席委員
藤原 健蔵 委員長 以下8人
社側出席
福島 真平 社長 以下6人

議事概要

  1. 2010年1月16日(土) 10:30~11:25放送の、「日本一のお好み焼きを作れ!鉄板ジュ~ジュ~隊が行く」(全国ネット)を審議しました。
    ▽ 制作担当者から、「広島県民はもとより全国でも馴染みが深くなった広島風のお好み焼き。様々な地方の特産品を具材として取り入れた究極のメニューを開発し、お好み焼きのもつ可能性を全国に発信していくことを目的に企画した。」との説明がありました。
    ▽ 委員からは、「広島出身のタレントの選定もよく、楽しく見ることが出来た。」「どんな材料でも美味しく出来上がったことで、制作者の意図通りお好み焼きが全国的な料理になる得ることを示してくれた。」「CGによる地図の処理がよく、取材先がよく分かってよかった。」などの評価がありました。
    一方、「選ばれた材料はすでに全国的に知られているものばかり、あまり知られていない地方の食材を取り上げて競った方が地域起こしにもなり、もっとよかったのでは…。」「焼きあがったメニューはすべて美味しそうだったがい、そうでないものもあったはず、そうした失敗例もあったほうが面白かったのでは…。」「広島風お好み焼きを全国的にアピールするなら、プロによる基本的な作り方をワンポイントでも紹介してもよかった。」「なぜ九州と東北か、最終決戦がなぜ東京か、取材になかった食材が決戦に突然加えられたのはなぜか、九州に軍配をあがった理由は…など、説明不足な点が多かった。」などの意見がありました
【その他の意見】
  • 使われた食材が高級すぎて、庶民的な広島風お好みのよさが感じられなかった。
  • 出来上がったメニューが食べられる店の情報などがあるとよかった。