広テレ!

会社概要・採用情報

広島テレビ 放送番組審議会

第415回 広島テレビ放送番組審議会(報告)

開催日
2003年3月19日(水)
場所
広島テレビ
出席委員
市川 太一 委員長 以下委員11人
社側出席
藤川 魏也 社長 以下9人

議事概要

  1. 今回は広島テレビの放送番組基準の一部改正が諮問されました。
    広島テレビでは放送番組を企画・制作・放送するにあたり、基準を設けており、視聴者に役立つ放送を心がけています。
    今回、個人情報の保護に対する社会的な意識の高まりなどを踏まえて、放送における個人情報の取り扱いに一層の配慮をするため、放送番組基準を改正するものです。
    番組審議会では一部改正案を審議し、原案通り改正することを答申しました。
    【改正点】
    放送番組基準 第一章「人権」の3項
    旧・プライバシーをおかすような取り扱いはしない。

    新・個人情報の取り扱いには十分注意し、プライバシーをおかすような取り扱いはしない。
  2. また、広島テレビの4月改編について説明をうけました。
  3. つづいて、2月23日に放送された、広島テレビ制作のNNNドキュメント'03「スーパーモデル御用達~ニッポンの筆世界に挑む」について審議しました。
【審議内容の主なもの】
  • 上質の番組だ。時代性がある。
  • 父と息子の葛藤をうまく描いた。利益追求だけでない人柄を描いた。
  • 地元のひいき目になるかもしれないが、タイトルが"広島の筆"ではいけないのか。
  • これは経営者へのメッセージだ。教えられることが多かった。
  • 努力する中小企業の姿が良く分かった。
  • 匠の技を育てることの大切さが描かれた。
  • オンリーワン企業の実際の姿が良く分かった。
  • 父と息子の言葉の中で理解できない部分が残った。相手をどう見ているかもう少し描けば…。
  • スムーズな構成で良く分かった。
  • 人間関係をもう少し描いたら良かった。
  • 親子関係か企業経営か、一番の焦点はどこだったのだろうか。