広テレ!HOME

びんご姫のふくやま福さがし 放送時間:毎週水曜日 夕方6:55~7:00

福山(備後)には、思わず口にしたくなるような情報や思わず行ってみたくなる場所がまだまだたくさんあります。
そんな福山(備後)の魅力を“びんご姫”と郷土愛アナウンサーの糸永直美が発信します。

2017年4月12日放送

第2回 鞆の浦でふくやま福さがし

万葉の時代から近代にかけて多くの人を惹きつけている福山市鞆の浦。ここは「潮待ちのまち」としても知られている。江戸時代末期(1867年)には、瀬戸内海沖で沈没した「いろは丸」に乗船していた坂本龍馬も訪れている。町には損害賠償交渉をした家屋や、龍馬が4日間滞在したと言われる隠れ部屋なども当時のままの姿で残っており、見学することができる。今年はいろは丸事件からちょうど150年。今回はその痕跡をたどる。

糸永アナウンサーコメント

坂本龍馬のいろは丸が鞆の浦の沖に沈没してこの春150年。鞆の浦と龍馬の関わりについてびんご姫からの調査依頼が舞い込みました!龍馬ファンの間では様々な説があり、ここは慎重に…400丁もの鉄砲を船に積んでいたとか、今のお金で100億円以上の賠償金を獲得したとか、とにかくスケールの大きな話が飛び出してきます。身の危険を感じて潜伏していた屋敷には、龍馬も見たであろう景色や柱が今も存在し感慨ひとしおです。ぜひ、歴史ロマンを感じる鞆の浦へお出かけください。